ブログトップ

青い電車

aoden.exblog.jp

メガネ屋5年生。

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

書いては思い出してゾッとするもどかしさ(謎



居間で一夜を過ごし、そっと洗面所の扉を開けてみた。


当たり前のようにヤツはいない。



さてどうしたもんか。




その日は夕方まで留守にする。

洗面所の扉を閉めたままで隔離しておくか…。





否。ここは全面戦争だ。

見なきゃいないのと同じ、の精神で幽霊もまったく信じない(ぇ のだが、それでは平和は訪れない。





僕は全ての部屋の扉をあけ、出かけていった。
これで全ての部屋が戦場だ。








…数時間後、部屋に戻る。


いつもとかわらない。変わってたら逆にビビるが。



とりあえず座椅子に腰掛け、買ってきたコーヒーを飲む。




何事もなく時間は過ぎる。
一息ついて、さあ晩御飯を作ろうか…





と、台所に行こうとした瞬間、小さなゴミ箱の近くで何かが動いた。




思わず息をのみ、そっとゴミ箱の後ろを見ると、











…ヤツがいた!







ふてぶてしい程の余裕でこちらを見ている。





あわてて近くの雑誌を丸め、戦闘体制にはいる。




それに気づいたヤツは、ものすごい勢いで僕の背後に回り込む。





少しづつヤツを追い詰める。
少しづつヤツは間合いをとる。





そして、ヤツを座椅子付近に追い込んだ。





奇しくも座椅子の色はヤツと同じ茶色。


カモフラージュか?カモフラージュなのかそれは?





さあ、今日こそ決着を…!




雑誌を握る手が少し強ばる。


昨日の最後の飛行が頭をよぎる。




しかし、僕は意を決して間合いを詰め、一撃を叩き込んだ。






「わーーーっ!」






若干リアルに声が出た(ぇ。





一撃目、相手の動きが止まる。

すかさず二撃、三撃目を繰り出す。








粉砕。文字通り。







ヤツは砕け散った。







余韻に浸る間もなく、大量のティッシュでヤツの亡骸を掴み、大きなゴミ箱へ。








長かった戦いが終わった。






これで心置きなく晩御飯が作れる。



なんとも言えない安心感を胸に、この悲劇を二度と繰り返すまいと、部屋を少し掃除してから晩御飯を作り始めたのでした。







なにが言いたかったかと言うと、


丸めた紙最強ってこと(ぇ。
[PR]
by keigo-11 | 2010-09-17 00:11
下の記事の続き。黒いヤツが苦手な方は引き続き注意。




最強の武器を携え、静かにその場所に戻った。


ヤツは若干移動しながら、こちらの様子を伺っていた。



この包囲網を抜けてきたのは見事。
しかし、もう貴様の命運は尽きたも同然。




相手に悟られないよう、静かにその銃口を向けた。




「いけーっ!」


そりゃもう、心の中で叫んださ。




スプレーを浴びた次の瞬間、ヤツは宙を舞い、こちらに向かってきた。







無力。あまりにも無力。




ヤツにトドメをさすどころか、怒りを買ってしまったようだ。




全力で後退し、部屋に逃げ込んだ。





完敗だった。





ゴキジェット(プロ)の射程距離を読み違えてしまったようだ。





噴射→飛ぶと言うことがわかった以上、こいつを使うのはためらわれる。





やはりここは真の最終兵器を使うしかない。



…丸めた新聞紙を。





しかし、こいつは強力だが素早いヤツにギリギリまで接近しなければならない。





でも、平穏な日常を取り戻す為にやるしかなかった。





意を決して戦場に戻ったが、そこにヤツはいなかった。





…逃がした。





次の日は休み。決着をつける為に寝ることにした。




まさかの続く(ぇ
[PR]
by keigo-11 | 2010-09-13 22:58
*今日は黒いGのお話し。
苦手な方は注意。





それは音もなく僕の背後に現れた。
昨日の夜、歯を磨きもう寝る準備をしていたとき。

口を2階ゆすぎ、ゆっくりと顔をあげた瞬間、鏡にヤツが写った。



固まった。僕はブロッコリーと虫が嫌いだ。

中でもヤツはダントツで大嫌いだ。



大学から一人暮らしをして今まで、部屋でヤツを見たこはない。

阻止してきたからだ。


何はなくともまず、ヤツが寄らない防虫剤を部屋に置く。


洗い物は必ずその日に片付ける。

酒類の缶はすぐに処分する。


などなど、かなり気を付けてきたつもりだった。



そんな包囲網をくぐり抜けて、ヤツは僕と相対していた。



…ヤバい…。



とりあえずゆっくりとその場を後にし、台所に走った。


今まで使うことがなかった最終兵器、「ゴキジェット(プロ)」を使うために。



まさかこいつを使うことになろうとはな。



台所と洗面所の間の扉をしめ、ゆっくりと先端ノズルを取り付けた。




そして一息ついた後、戦場へと舞い戻った。




…つづく(ぇ
[PR]
by keigo-11 | 2010-09-13 22:29