ブログトップ

青い電車

aoden.exblog.jp

メガネ屋5年生。

真っ白なその肌を

はい、じゃあこれから通常投稿。
やっと見ました「サイレン」。
見る前から叩かれまくってましたが(ぇ。
これから見たい人は読まないで頂戴。



映画はあんまり見ないんですが、
すごい気になってたのでつい。


まぁなんというか、
消化不良。


ココリコ田中さん、普通の演技の時はよかったんだけど、
屍人化した時の演技はどうかと。演技以前にあのおもしろメイクはどうかと。

森本レオさんはそんなことなかったんだけど。
これが俳優とお笑い芸人の差ですか。そうですか。



オチもいまいちで。主人公がおかしかったんです、的な。
じゃああの序盤の意味ありげな前フリが、
とっても意味のないものになってる気がするんですが。
あの赤いスカーフの子はなんやねん、と。

で、あまりにも・・・なので自分で納得いくような結論を考えたわけです。



1、そのまんまEND

 市川さんがおかしかったですよ~、というEND。
ただ、どこまでが妄想で、どこまでが現実なのかと。
現に島民気質は特異なもので、変な儀式なんかもしてたわけですし、
なによりあの赤いスカーフの少女はなんだったのかと。
島民でした、じゃ「なんじゃそら?」です。



2、市川さん屍人化?


 ゲームのストーリーがとても気になったので、サイトでざっとあらすじを見ました。
その中で、「屍人化した人は、屍人が普通の人に見える」とかという説明がありました。
「半屍人(見た目は普通の人)」という状態においてもそう見えるらしいです。

 あの高さの鉄塔から落ちて、かすり傷はありえませんて。
ということで、屍人化した市川さんは常人だった頃の記憶がありますので、
普通の姿に「見える」ココリコ田中さんを刺したのではないかと。
最後はもうみんな屍人なんですね(何



3、人魚の呪い


 人魚伝説が途中で出てくるわけですが、ここに出てくる人魚が赤いスカーフの少女にそっくり。 市川さんの弟が妄想の産物だったとしても、あんな夜中に一人で外で本を読んでいるって、そりゃおかしいですよ。ラストでもちゃんと出てくるわけですから。

 「サイレンが聞こえた者を外に出してはならない」というオチだったわけですが、無理矢理人魚伝説とつなぎ合わせてみると、です。


 この島の人たちは何百年か前に人魚を殺してしまって、呪われていた。
その呪いが、「何十年かに一度、阿部さんや市川さんのような異常者が島を訪れ(もしくは人魚が、外部からの来訪者に屍人の幻覚を見せることによって)、島民を皆殺しにしてしまう」という「呪い」がこの島にかけられているんではないかと。


ただ、前例では島民が「消失」してたわけですから、死体がないことが大体おかしい。
田中さんも前回の事件について「そう聞いてます」と言ってるので、市川さんがおかしかったですENDを鵜呑みにするのもどうかと思いますが。


まぁ、


どうでもいいけどね、こんな一映画の結論なんか(ぇ。
EDの曲はよかったです。グッジョブ。


しかし、ここまで受け手の判断に結論を任せる映画も・・・ねぇ。
丸投げっすか。監督丸投げっすか。




ゲームは難しそうなので無理です。
あらすじ見る限りでは、ゲームのストーリーのほうが面白そう。
テレ朝の映画みたいだったし、ゲームの内容を金曜深夜の枠あたりで
ドラマ化してもらえたら、多分見るよ。




録画して昼間にね(ぇ。



♪capsule  『ポータブル空港』
[PR]
by keigo-11 | 2006-10-14 20:00 | 雑記